3053539
ルイボスティがあれば、美容も健康もまとめてお悩みを解消できるかも

妊婦さんも赤ちゃんも飲めるルイボスティーで期待される効果や効能について

ノンカフェインのルイボスティは大地からの贈り物

ルイボスティーは、南アフリカ共和国の高地で栽培されるルイボスの木から作られます。

高い標高と高温、酸性で乾燥したその土地は、昼夜の寒暖差が30度以上もあり、一般的な植物の生育には厳しすぎる環境です。

そんな過酷な場所で育つ植物だからこそ、そこで生き延びるための様々な成分が蓄えられており、現地では昔から薬草として珍重されてきました。

もちろん、日本にも古来から薬草として、クマザサ、ハト麦、ドクダミなどのような植物が、健康茶として愛飲されてきました。

昔から愛されてきた健康茶には理由があり、安全性も高くて安心して飲めるものが多いです。

でも

ルイボスティーは、過酷な環境で育つために、含まれる成分の素晴らしさは断トツです。

期待される効能などを読むと、あまりに多岐にわたっているため、いろいろ飲むより、ルイボスティだけでよいのでは?

・・・と思ってしまいます。ここからご紹介しますね。

美容と健康を目指す方のアンチエイジングのために、ルイボスティー

美容の大敵、活性酸素

アンチエイジングに関心が高い方は、一度は耳にしたことがあるこの活性酸素は、紫外線のような刺激によって作られ、

シミ・しわ・たるみなどの原因になるとされています。

また皮膚がんと活性酸素も密接なつながりがあるとされます。

紫外線対策

また、

活性酸素によってダメージを受けるのは、お肌だけではありません。

血管や臓器も活性酸素の影響を受けて弱ってしまうので、「疲れやすい」に始まる漠然とした不調を感じている方もいらっしゃるかも

強烈な日差し、紫外線の中で育つルイボスの木には、紫外線から身を守るために活性酸素を消去する能力が備わっているといわれます。

ルイボスティーを飲むことで、活性酸素の除去を計れば、美容はもちろんのこと、体全体の健康にも良い影響が期待されます。

アレルギー改善を目指す方のために、ルイボスティー

我が家でルイボスティーを飲むきっかけになったのが、まさにこの目的でした。

ルイボスティはノンカフェインですので、幼い子供が飲むことができるため、アレルギーの改善を目的にルイボスティを飲んでいました。

子供のアトピーでつらいのは、かゆみです。

子供は力の加減ができないので、かゆければバリバリと体をかきむしり、皮膚をかき壊してしまうので、症状が悪化してしまいます。

このかゆみの元がヒスタミンなのですが、ルイボスティに多く含まれる「ケルセチン」と「ルテオリン」には、ヒスタミンを抑制する作用があります。

ルイボスティーには苦みや渋みがなく、あっさりした味わわいですので、幼い子も喜んで飲んでくれますよ。

血糖値、高血圧の改善を目指す方のために、ルイボスティー

近年、ルイボスティー独特のフラボノイドとして、アスパラチンが発見されました。

このアスパラチンには食後の糖の上昇を抑え、弱った肝臓の働きを正常化させてくれる働きがあることがわかってきました。

また、血液の流れをスムーズにしたり、血圧降下の作用も持つルチンと、血管を丈夫にしてくれる成分Tie2を活性化させる作用を含んでいますので、血管周りのトラブルにも作用します。

高血糖や高血圧が恐ろしいのは、長い人生の中で交換することができない血管というパイプが、経年劣化で柔軟性を失ってボロボロになり、本来の役目を果たせなかったり、時には破裂して命取りになったりすることです。

毛細血管の働きを強化するルチンを含むルイボスティを飲むことで、自覚症状がないこれらの病気のリスクを減らすことができます。

健康のために飲むのだから、ルイボスティーは安さで選ばないことが大切です

ルイボスティーの値段には、ピンからキリまであります。

どんな商品を選べばよいのかについて少し載せますね。

ルイボスティーには、グリーンルイボスティーとレッドルイボスティーがあります

ルイボスティーの値段の違いは、未発酵のグリーンかレッドかによってまずは分かれます。

ルイボスは、発酵しやすい植物のひとつといわれているので、発酵しないよう管理するのに手間がかかり、発酵していないグリーンルイボスティーの方が高価になります。

ちなみに、グリーンルイボスティーには、抗酸化作用のあるフラボノイドがレッドの10倍含まれているとされるので、健康のために飲むなら、グリーンがおすすめです。

グリーンがさっぱりしていて、香りも薄いのに対し、レッドは、濃厚な味と香りでより一般的になじみがあると思います。

色が薄いグリーンの方が、血糖値、高血圧の改善を目指す方におすすめな成分が多いとは意外な感じがしますね。

ほかにも茶葉のランクによって、かなりお値段も違いますが、これは日本茶でも同様のことですよね。

ルイボスティーに関しては、香りや味を楽しむためのお茶ではなく、健康茶ですので、よりしっかりと成分を取り入れたいなら、まずはグリーンから。

ご自身の体調も考えながら、ランクを上げたり下げたりしてはいかがでしょうか

化学肥料や農薬を一切使用していないオーガニックのルイボスティー

美容と健康のために様々な良い作用を持つルイボスティーですが、栽培地は限られていますので、全て南アフリカという海外からの輸入品です

そのため、製造や運搬に配慮がある製品を選ぶことが大切で、ここは譲れないと思います。

野菜もそうですが、葉に虫が付いた野菜を買わない人が多いため、葉物の野菜にはしっかりと農薬がかけられて育てられます。

すると、収穫時期によっては農薬が残ったままの状態で出荷されてしまうことも。

雨が少ない乾燥した土地で育つルイボスの木にかけた農薬は、容易には落とせないことでしょう。

ルイボスティがあれば、美容も健康もまとめてお悩みを解消できるかも

有機栽培を目印に購入することをお勧めします。

また、輸入時の品質管理についても書かれているメーカーのルイボスティなら、さらに安心です。

というのも、日本へと茶葉が輸入されるときに、通常は船便で時間をかけて送られてくるからです。

高温多湿のコンテナの中で長時間過ごす茶葉は、管理が悪いとかびたり最近に汚染されることも考えられます。

こだわれば茶葉の価格は上がりますが、健康や美容のために飲むのがルイボスティですから、確かな商品を選んでほしいなと思います。

有機栽培ルイボスティーのおすすめは

日本でよく耳にする老舗の有機栽培のメーカーでは河村農園の商品などは間違いないと思うので、最後に載せますね

もちろん、一袋からでも購入できます

ルイボスティがあれば、美容も健康もまとめてお悩みを解消できるかも
最新情報をチェックしよう!
>通販でおいしいきれい

通販でおいしいきれい

体に優しくてきれいになれること ナチュラルな美しさ、健康な生き方を求めて

CTR IMG